Header

UZH-Logo

Maintenance Infos

気管支上皮のバリア維持におけるCpG-DNAの役割


Kubo, Terufumi; Wawrzyniak, Paulina; Morita, Hideaki; Sugita, Kazunari; Wanke, Kerstin; Kast, Jeannette I; Altunubulakli, Can; Rückert, Beate; Akdis, Mübeccel; Akdis, Cezmi A (2016). 気管支上皮のバリア維持におけるCpG-DNAの役割. Nihon Rinshō Men'eki Gakkai kaishi (Japanese Journal of Clinical Immunology), 39(4):426b.

Abstract

生体の恒常性は上皮が形成するバリアが生体の内と外を隔てることによって維持されている.近年の報告によって気管支喘息患者の気管支上皮バリアは破壊されていることが明らかとなってきた.上皮バリアの破綻は外来抗原や微生物の生体内へのアクセスを促進し,抗原感作と免疫反応の発動を引き起こす.さらに免疫反応とバリア破壊は増悪ループを形成し,組織リモデリングに至ると考えられている.従って気管支喘息の発症と慢性化メカニズムの解明において上皮バリアの制御機構を明らかとすることは必須である.Toll-like receptor 9のリガンドであるCpG-DNAは制御性T細胞や1型ヘルパーT細胞の誘導を通して気管支喘息の病態をコントロールすると報告されていたが,上皮バリアに対する影響は知られていなかった.本研究では気相・液相境界培養法を用いて分化させた気管支上皮をCpG-DNAで刺激し経上皮電気抵抗と蛍光標識デキストランの透過量によってバリア機能を評価した.その結果,CpG-DNAにて刺激された気管支上皮のバリアは増強された.気管支喘息の病態形成に中心的役割を示すIL-13は上皮バリアを減弱させることが報告されているが,CpG-DNAはIL-13によるバリア障害に対して拮抗的に働いていた.また,CpG-DNAは気管支喘息上皮の障害されたバリアを修復した.これらの結果は気管支喘息の発症における衛生仮説を裏付けるものであり,CpG-DNAは気管支喘息の予防と治療に有効と考えられる.

Abstract

生体の恒常性は上皮が形成するバリアが生体の内と外を隔てることによって維持されている.近年の報告によって気管支喘息患者の気管支上皮バリアは破壊されていることが明らかとなってきた.上皮バリアの破綻は外来抗原や微生物の生体内へのアクセスを促進し,抗原感作と免疫反応の発動を引き起こす.さらに免疫反応とバリア破壊は増悪ループを形成し,組織リモデリングに至ると考えられている.従って気管支喘息の発症と慢性化メカニズムの解明において上皮バリアの制御機構を明らかとすることは必須である.Toll-like receptor 9のリガンドであるCpG-DNAは制御性T細胞や1型ヘルパーT細胞の誘導を通して気管支喘息の病態をコントロールすると報告されていたが,上皮バリアに対する影響は知られていなかった.本研究では気相・液相境界培養法を用いて分化させた気管支上皮をCpG-DNAで刺激し経上皮電気抵抗と蛍光標識デキストランの透過量によってバリア機能を評価した.その結果,CpG-DNAにて刺激された気管支上皮のバリアは増強された.気管支喘息の病態形成に中心的役割を示すIL-13は上皮バリアを減弱させることが報告されているが,CpG-DNAはIL-13によるバリア障害に対して拮抗的に働いていた.また,CpG-DNAは気管支喘息上皮の障害されたバリアを修復した.これらの結果は気管支喘息の発症における衛生仮説を裏付けるものであり,CpG-DNAは気管支喘息の予防と治療に有効と考えられる.

Statistics

Altmetrics

Additional indexing

Item Type:Journal Article, refereed, original work
Communities & Collections:04 Faculty of Medicine > Swiss Institute of Allergy and Asthma Research
Dewey Decimal Classification:610 Medicine & health
Language:English
Date:2016
Deposited On:05 Jan 2017 10:13
Last Modified:05 Jan 2017 10:13
Publisher:Japan Society for Clinical Immunology, J-Stage
ISSN:0911-4300
Free access at:Publisher DOI. An embargo period may apply.
Publisher DOI:https://doi.org/10.2177/jsci.39.426b
PubMed ID:27593072

Download

Full text not available from this repository.
View at publisher

TrendTerms

TrendTerms displays relevant terms of the abstract of this publication and related documents on a map. The terms and their relations were extracted from ZORA using word statistics. Their timelines are taken from ZORA as well. The bubble size of a term is proportional to the number of documents where the term occurs. Red, orange, yellow and green colors are used for terms that occur in the current document; red indicates high interlinkedness of a term with other terms, orange, yellow and green decreasing interlinkedness. Blue is used for terms that have a relation with the terms in this document, but occur in other documents.
You can navigate and zoom the map. Mouse-hovering a term displays its timeline, clicking it yields the associated documents.

Author Collaborations